CanCam初買いした話【魔法の自撮りライト レポート】

Cancamの付録の「魔法の自撮りライト」がすごいらしい!

という話を聞いて、近所の本屋さんに買いに走ってみました。

売り切れ続出(?)とも耳にしましたが、私の行った本屋さんでは普通に平積みされていました。ラッキーです!

CanCamって最後が「m」なんですね

こういった系統の雑誌は普段購入しないので、楽しく読むことができました。(関連記事:好きな雑誌をあれこれ並べてみる

カメラ好きとしては、やっぱり写真(Instagram)の特集が面白かった!!

カメラ&写真の記事を読みたいとなると、買うなら専門誌になるんですよ。

でも、そこに「自撮り特集」とかほとんどないじゃないですか!

専門誌に手を伸ばす大半の方が、撮りたいのは「出かけ先の風景」であって「普段の街の光景」であって、「友人や家族やペット」であって、「自分」じゃないから。

「日常のメインジャンルが、カメラ&写真じゃない人たち」にとっての写真のあり方として、とても面白かったです。

写真っていいよな。本当に写真が好き。

話を戻して

自撮りライトのスイッチはこちらです!

ハートの後ろ側、四角いボタン。

ちなみに後ろ側は大きなクリップになっていて、スマホの上部に挟んで自撮りするのが本来の用途みたい。

私はGRを使うので手で持って使用します。

ライトを付けて、アンダー目に撮影したのがこちら。

この写真では控えめに見えますが、光量は結構あってまぶしい……!

自撮りはしない&スマホが古いので自撮り実験は他の方にお任せして、私はさっくり物撮りの様子をメモしておきますね。

気になるビフォーアフター

部屋に置いていたバラを撮ってみることに。

これがライトなしで、

ライトを正面から当てるとこうなります!!

なかなかいい感じ!

私のスマホは古くて画質がよくないので、コンデジのGRで撮影しています。

右手にGR、左手にライトの姿勢。

ライトのスイッチも持ち手の人差し指にかかるので、特に問題なく撮影可能でした。

あと、こちらのライト、

「単4電池」が2本必要です!

本屋から帰ってきて、電池がなーい!! ってことになります。(私はなった)

エネループ……ポメラで大変お世話になってます。

雑誌の記事にも興味があって、かつ「自撮りライトが欲しい!」私にとってはいい買い物でした。

追記

最新の雑誌では星型が出たようです!

星型の方がかわいいですね……!