【2017年スケジュール帳事情①】ロロマクラシックにミドリ フラットダイアリーを入れる

 

定期的にスケジュール帳やノート熱が上がるんですけど、今年もやってきました。

「今のスケジュール帳&ノート 使いにくいポイント」が一定数たまったので、試行錯誤することに。

 

結果、使う物が二転三転したので残しておきます……!

(2016年版スケジュール帳カスタマイズの記事はこちら

 

1年ほどロロマクラシックを使っていました

「ロロマクラシック」……端的に言うと、おしゃれなシステム手帳です。

絶対システム手帳に転ぶことはないだろうと思っていたのですが……偶然見かけた装丁に一目ぼれして、1週間ほど悩んだ挙句に購入しました。

 

色は、悩みに悩んでキャメルです。キャメルが似合う女になりたい。

 

……

購入時の写真、撮ったはずなのに見つからない……傷もなく、明るいキャメル色だったんです。

 

買って1年ほど経った現在の状態はこちら。

ロロマクラシック

ちょっと傷が入ってしまいましたが、味なものとして気に入っています。

 

右にささっているペンは、「ジェットストリーム スタンダード 0.5mm」。

持った感触と、がりがり書ける感触と、どちらも気に入っていて3本くらい持っています。(別のノートにもさしてる)

 

本当は聖書サイズの赤か青か緑(絞りきれてない)が欲しかったんですけど、経験上、スケジュールとして使うには幅が狭すぎて挫折するのがわかっていたので諦めました。

なんで私は聖書サイズに適応できないんだ……!

ってもだえるほど、見た目が本当にツボ。

ネイビー大好き。A5でもネイビーがあったら即決だった。

クトゥルフ神話TRPGで、失踪した探索者が残してそうな手帳ですよね。

 

ノートからシステム手帳に変えた理由

理由は大きく分けてこの2つです。

  1. (システミックと比べて)ロロマクラシックの見た目が格好よすぎた
  2. アイデアノートのカテゴリを分けたくなってきた(でも、ノートはこれ以上入らない)

ロロマクラシックに出会わなければ今もシステミックを使っていたはずなので、この記事もなかったことでしょう……。

 

2つ目の「アイデアノートのカテゴリを分けたい」という悩みは割と切実でした。

 

システミックを使いはじめる前は、

「アイデアをいろんなものに書きとめてしまって、必要なときに見つけられない」

というのが一番の悩みだったので、なんでも一冊のノートにまとめることを優先していました。

スケジュール帳とノートをセットしたシステミック

あれこれと工夫はしていたのですが、やっぱり必要なときに見つけられなくて。

作品を仕上げた後に、「あ、このアイデアこっちのページに書いてた!! これ採用すればよかった!」とかちょくちょく起きてしまう……。

というわけで、ページの差し替えができるシステム手帳に移行したというわけです。

(採用したアイデアのページは外して捨てればいいかなって)

 

ミドリ フラットダイヤリーに穴をあける

早速、使っていた「ミドリ フラットダイヤリー」に6穴パンチで穴をあけてはさんでみました。

 

こんな感じです。

6穴開けたミドリ フラットダイヤリー

システム手帳用のリフィルではないので、火曜日水曜日のブロック欄にがっつり干渉してます。

一応、穴を避けて書けばいいだけなので、個人的にはそこまで気になりませんでした。

(2016年のリフィルも一緒にしたかったので穴をあけましたが、そこまで大事なことをブロックに書かないので困ることはありませんでした)

 

 

システム手帳の構成

  • 2016年分ミドリ フラットダイアリー(穴あけました)
  • 2017年分ミドリ フラットダイアリー(穴あけました)
  • 横罫ノート50枚くらい(システム手帳用のリフィルを2種買いました)
  • カラーインデックス(半透明で厚すぎず、使いやすい)

 

リフィルの色を2種類にしているのは、仕事とプライベートのメモをパッと見でわかるようにしたかったからです。

今考えると、白い方を無地にすればよかったかな。

 

こちらは、インデックス部分を下向きにして挟んでいます。(他の人にインデックスが見えるのが苦手で……)

 

気になる点

ロロマクラシックに限らず、システム手帳はかさばる上に重いです。

かくいうロロマクラシックのA5サイズも、割とずっしりとしています(600gくらい)

 

私の場合は、仕事でさほどスケジュール帳を持ち歩くことがないので開き直りました。

(カメラを持っていきたいときはGRしか連れていけないけれど)

 

頻繁に持ち運びをする方は、聖書サイズがいいと思います……!

リング幅もいくつかありますし、どんな風にカスタマイズするか夢が膨らみますよ。

 

おまけ・付せんの持ち運び

あと、私は予定よりも実績を書きこむ癖があるので、確定していない予定やtodoリスト的なものは付せんに書くことがほとんどです。

  • 予定は確定したら直にスケジュール帳に書き込む
  • todoリストは完遂できたら剥がして捨てる

付せんはそのままにしていると持ち運びが面倒なので、プラ表紙の裏に小分けにして、こんな風に貼ってます。(10枚ずつくらい)

付せんを使いすぎて、左上4マス分がなくなってます

 

今後の話

実は、現在のスケジュールの状態だとマンスリーではスペースが足りなくなってきました。

(この記事を書き始めたのが8月で、今なんと10月です)

ウィークリーを検討していたのですが、ウィークリー放浪編を9月まるっとやっていたため(!)、また別で記事を更新します!