【NATURA 1600作例】夕暮れ!夜景!イルミネーション!

突然思い立ちました。

フィルムのNATURA(ナチュラ)1600って、どれくらい暗いところで撮れるんだろう?

カメラ、NATURA CLASSICA(ナチュラクラシカ)との王道組み合わせで実験してみたものをまとめてみました。

1511-13

左の黒い子がNATURA CLASSICA(ナチュラクラシカ)です!

三脚は持っていないので、今回はすべて手持ちで撮影しました。

まずは夕暮れ!

1512-30

ほぼ日が落ちて、真っ暗なところをパシャリ。

グラデーションがきれいに写ってます。慌てて撮ったのでブレてないか心配でしたが、そんなこともなく。「意外に写ってるなあ」っていうのが正直なところ。

次は、日没後のイルミネーション!!

今回、一番感動した写真です!!

1512-28

写ってる!

写ってるだけじゃなくて、雰囲気もしっかり残ってる!!

もっと真っ黒に潰れるかと思っていました。周りもイルミネーションの灯りはありましたが、足元は気をつけないといけない程度には暗かった覚えがあります。この光量をカバーするとは……。

あたたかみのある光に、青っぽい夜闇がいい味出してます。葉っぱのオレンジ~緑の色合いが美しい……。

この写真はお気に入りになりました。

半信半疑で撮った写真がいい絵になっていたら、嬉しいですよね(*^艸^)

最後は、山に登って夜景です!

これは無理だろう……と思っていましたが。

1512-29

写ってる(゜-゜*)!

ライトアップの光ががっつり目立っている奥で、夜景がしっかり写っています……!!

そのかわり、粒子感はすごいです。そこはデジタルの方が一枚上ですね。

まとめ

夜景を切り取るというよりは、夕方~夜にお店のショーウィンドウやイルミネーションを撮ると素敵な写真が残せる気がしました。

キラキラした雰囲気に、フィルムの素朴な感じがプラスされるイメージです。

フィルムカメラだけ持って撮影しにいくのは勇気がいるので、RICOH GRと一緒に。

フィルム一眼で撮ったら、またアップしていきます!!