妄想が大事な話【成人式メイクの思い出話】

成人式。

私の場合、着付けもメイクもプロの方にお任せしたのですが、コレじゃない感がすごかったんですよ。

  • ちょっと厚めのベースメイクをしてもらって、
  • 発色の強いアイメイクをしてもらって、
  • 普段使わないような色の口紅を塗ってもらって、

……

普段より、絶対、キレイになっているはず。

なんだけど!

コレじゃない……!

むしろ普段の下手メイクの方が、まだ「なりたい自分になれている」ような、変な心地になったのを覚えています。

どこがどう「コレじゃない」のかもよくわからず、

プロの方が私の顔を見てしてくれたメイクなのだから、これが正しいんだろうな、と思っていました。

ここで言う正しさっていうのは、一生に一回の成人式、ハレの日にふさわしい、「最高に可愛く(or美しく)なった自分」ってこと。

でも、今なら思う。

それは「あくまで正解のひとつ」だったというだけで、あのときの自分にとっては「不正解」だったんだって。

今、成人式の写真を見返すと「まあ悪くないかな」と思う程度だけど、当時の自分はできあがった写真を見て悶々としていたのでした。

(そういうハレの日の写真って、値段もサイズも大きいからまた悶々とするという)

なりたい自分になる近道

キレイになれる・なれない、可愛くできる・できないは、いったん置いておいて。(何なら、この先依頼するであろうメイクのプロの方やらに預けておいて!)

とにかく、「なりたい自分」を妄想する!

っていうのが一番の近道なんだと思います。

思えば、成人式のとき、「こうなりたい私」像が漠然としていました。えいやっで、とにかく「可愛くなればいい」と思っていました。

妄想を怠ったままプロに依頼したりお店に突撃したりすると、

  • 思ったような顔にならなかった(成人式の私!)
  • 思ったようなメイクを勧められなかった(+しかも買ってしまった&思ったような顔になれない!)

みたいなことが起こる。

目を大きくしたいけど上手くできない~
唇をぽってりしたいけど難しい~

なんかは、「なりたい自分」を妄想した後、その先の技術の話なんですよ。

メイクは他人にお願いできても、

なりたい自分を妄想するのは自分にしかできない。

妄想の訓練(!)ができないまま人に丸投げしちゃうと、「う~ん」ってなる確率が上がる。

なりたい私(主観)とこうなったら嬉しいだろうな(客観)のすれ違いが起きてしまうからなんでしょうね。

レイヤーさんがびっくりするくらいお化粧上手なのは、「なりたいキャラクター」像がはっきりしているところからスタートして、どんどん技術もついてくるからなんだろうな、と思ったのでした。

おわりっ!

便利アプリを見つけた!

オタじょびのけーこさんと話していたら、最近はこんな便利なアプリがあるということを知った……割と有名っぽいですね!?

  • このネイルかわいいけどどうやってやってるんだ?!
  • 髪はあり余ってるけどこんなヘアスタイル無理ゲーすぎる

って悩みが解決する……だって動画で説明してくれてるのに……!(折り紙の本を読んでも折り紙が折れない子どもでした)

めちゃくちゃオシャレだし便利だけど、こういうのを眺めて満足してしまう現実。

Twitterでも定期的に流れていますが、アプリの方が動画が見やすかったです。

これやっばい……幸せになれるぞ……(色んな意味で)