【2017年スケジュール帳の旅②】ウィークリー紆余曲折

2年ほどミドリ フラットダイヤリー(マンスリー)を使っていましたが、マンスリーでは書くスペースが足りなくなってきました。

ミドリ フラットダイヤリーはシンプルなスケジュール帳が好きな方には本当におすすめで、

  • 「メモや路線図などの個人的に不要なページが一切ない」
  • 「六曜付き」
  • 「紙がしっかりしている」
  • 「見開き左側にメモ欄がある」

……など、いいところを挙げていったらキリがありません。

黄緑色のラインは、月の日数を視覚的に把握するために引いたものです。

できればこのマンスリーを使い続けたい

でも、スペースが足りない……!

というのも、スケジュール帳を、もっと個人的なtodo(制作スケジュールなど)に寄せて使いたいなと考えるようになったからです。

システム手帳だと、思い立ったらレフィルを変えられるところもいいところ。

ということで、レフィルを探すことにしました。

ロロマクラシック(キャメル)

ウィークリーのレフィルを探す

ためしに、9月からこちらのレフィルを使ってみることに。

(買ったのは9月はじめだったので、私が購入したのは2017年12月始まりのものでした)

このリフィルは、月ごとにマンスリーとウィークリーがセットになったものです。

手帳だと、すべての月のマンスリーがまず来て、そのあとにウィークリーが続くものも多いですよね。

「8月より前の月だけ手帳から抜きたい」っていうときに便利そう。

これが月の表紙

次にマンスリー

ウィークリーと続きます

1日のタイムラインが横罫で載っているのですが、私はタイムラインを書くことはないので、基本的に無視して使います。

  • 2016年ミドリ フラットダイヤリー
  • 2017年ミドリ フラットダイヤリー(8月まで)
  • ダヴィンチ ウィークリーリフィル(9月~2018年3月まで7ヵ月分)
  • 横罫リフィル15枚くらい
  • カラーインデックス4枚

これらをざっくり入れて、厚みはこんな感じです。

なんというか……

このリフィルを購入したときは、ウィークリーの見開きがどうしてもいい気がしていたんですよね(フラグ)

手帳だったら、こちらが最優良候補でした

ラコニックのB6サイズ!

ピンクがとにかくかわいいんです!!!

今年は相方がこのスケジュール帳にしたので、頼んで撮らせてもらいました。

使いやすそうな週間ブロック!

B6っていうA5より一回り小さいサイズ感がいいですよね。

鞄にも入れやすいですし。

ラコニックは相当悩んだので、次の記事で詳しく書きますね。

この写真だとベージュがちょっと暗いけど、角の金と併せてかわいいし高級感があります!

そうそう。実は、あともう一つ候補がありました。

「ウィークリーにするんじゃなくて、マンスリーのままサイズを大きくすればいいのでは!?」

という謎の発想で、「ミドリ フラットダイヤリー」のA4サイズを検討。

店頭で見たけど、A4はさすがに大きかった。

ミドリ フラットダイヤリーはリフィルそのものが軽くて薄い分、カバーか何かに入れないと痛んでしまいます。

A5ならカバーの候補がいくらでもある。(それこそ、システム手帳に穴をあけて入れたり)

ちなみに、A4手帳のセットのファイルはしっかりしていて、結構よさそうでした。(クリップボードタイプもありました)

ただ、A4から一回り大きくなるのは確定……。

さすがに自宅の机で広げるのも難しいこともあって、今回は見送りになりました。(我ながらかなり自信のある案だったので残念)

ロロマクラシックにウィークリーを入れて1ヵ月

話を戻して、念願のウィークリーを9月いっぱい使ってみました。

よかったことはこんな感じです。

  • トモエリバーという薄い紙が使われているので、心配していたほどの厚みがない
  • 下敷きなし&ジェットストリーム使用で、やや裏写りが気になる程度。裏抜けはしないので〇
  • MEMO欄は週のtodo欄として使用。けっこう便利

書くスペースには困らず、遠征費や出張の予定も細かく記入ができます。

日によってはスペースが余るので、気分で天気や一言日記のようなものもつけていました。

寝る前に、1日の振り返りをするのが意外に楽しかったです。

頭の整理もできてすっきり眠れるし、これはいい発見でした。

気になった点と対処法

  1. 左ページに書くときにリングが手に当たるのが気になるようになった → 手近のA5ノートなどで底上げ
  2. 確定していない予定などを付せんに書いて貼るが、どこに貼るか悩む → 日単位のtodoに落とし込みたい内容がほとんどなので、ウィークリーに貼る
  3. 月⇔週で何度もページをめくるのが思ったより苦痛に感じた → しおり紐がないので、半透明のカラーインデックスを直接挟む

1ヵ月かけて問題点はつぶしてはきたのですが、ここで

「制作スケジュールに寄せて使いたい」という当初の目的を思い出しました。

そういう意味ではあまり活用できていませんでした。

一応、「〆切と内容を書いた付せんをウィークリー内で動かしていく」という作業はしていたのですが、いくつか抱えるとそれも面倒に。

というか、私は作業の進捗を俯瞰したいんだ!(たぶん)

ちょっとまた調べてみました。

何よりも制作スケジュールに寄せることを優先するなら、作業工程管理? 的な意味でガンチャートのような感じがいい気がする。

ガンチャートなら、週間見開きよりも週間レフトか週間バーチカルの方が使いやすいかも???

……

決着はついているので、続きます。

シェアする

フォローする