“お気に入りの水彩画やペン画たち。ミニ原画通販してます!
【Booth】

トイカメラが使いたい!

フィルムカメラについて調べはじめてから、気になっていたのがトイカメラ。

有名なのは「LOMO LC−A(+)」や「HOLGA」あたりでしょうか。狙っていたのは「LOMO LC−A(+)」だったのでさっくり見てみたところ。

アマゾンで29,000円! たっかい!(笑)

現像代込みで考えると、レンズが買えてしまう現実

プリンタとプリンタのインクみたいになってますよね(笑)

オールドレンズも視野に入れつつ、かといって近くに取り扱ってる店があるわけでもないので、手元にあるカメラでどうにかできないか考えるわけです。

そこで思いついたのが、手持ちの「PENTAX Q10」のデジタルフィルター、「トイカメラ」。

Qマウントではトイレンズも出てましたが、「写りの甘いレンズなんて……」と当時はスルーしてました。こちらも5,000円前後するし、晴天下のピント合わせが難しそうなので、今回は見送り。

またエフェクトかよ……と思われそうですが、使えるものは使う根性で、お世話になってみます!

「PENTAX Q10」とは

1509-52

本体もレンズも手のひらサイズで、私に「レンズを変えて写真を撮る」楽しさを教えてくれたカメラです! おすすめレンズは「01」と「06」!(PENTAX Q10のレンズは、01と06で幸せになれます) おもちゃみたいですけど、この見た目が大好き!!

今は新機種も出ているので、発売当初よりもかなりお安くなってるはず(*´艸`)

早速、撮影してみました

1509-55 1509-54 1509-53

本物のトイカメラほどあらぶってはないですが! なかなか好みかも。もっと逆光で撮ってフレアとか入れてみたい。

以下、自分用のメモです。今回、パソコンでの加工はなしの方向で。

トイカメラ風撮影 手順

  1. 撮影前、「スマートエフェクト」を「クロスプロセス」「ハイコントラスト」「リバーサルフィルム」に設定。この辺は好みで。
  2. 写真を撮る。(アス比は1:1の方がそれらしい気がする)
  3. 撮影後、カメラ内で「カスタムイメージ」を設定。「ソフト」「トイカメラ」「カラー」など。

トイカメラ風撮影 コツ

  • 撮影時から「トイカメラ」モードにはできますが、周辺減光など細かい設定はできないっぽい。撮影後のカメラ内加工は必要。
  • 「ソフト」の「シャドーぼかし」は必須! 雰囲気出る。
  • 「カラー」を使うと、色被りのような効果になってこれまたいい感じ。