お気に入りの多肉たちを守る話

先日の青雲の舞の記事でも触れましたが、今年の夏はものすごい猛暑でしたね。

我が家でも多肉たちがバタバタとお亡くなりに……いえ、知らない間に溶けて消えてお亡くなりになっていました。

この写真で、我が家の惨状がおわかりいただけると思います……

空になった鉢たち

中にはいいお値段で(個人的には)レアなエケベリアもいて、崩れ落ちました。

このとき、そこそこ大きくなっていた不死鳥もいなくなってしまったのですが、別の鉢をチェックしていると……

子株がいっぱい落ちていました!!!

あ~~よかった~~~~!!!(崩れ落ちる)

実はこの鉢、お亡くなりになった不死鳥の隣にしばらく置いてあったんですよ。

きっと知らない間にぼろぼろ落ちて、星の王子(右上の子)を押しのけてここまできたんでしょうね(笑)

お気に入りの多肉を守る

多肉植物にのめりこんで大分経つんですけど、どんなに気を付けていても枯れるときは枯れるんですよね。

特にお気に入りの子が枯れてしまったときは悲しみもひとしおで……

セクンダ石化です。

遺影……

生前

この子とかそうだったんですけど、前の日めちゃくちゃ元気だったのに翌日ふと見たら変色してたんですよ。

長らく軒下雨ざらし(not直射日光)だったのですが、小雨→晴のコンボでやられたのか……??? ちょっとよくわかりません。

9月に入ったから、ちょっと油断してたんですよね。

が。

セクンダ石化は、何ヶ月か前気まぐれに鉢からあふれそうだった子株を別の鉢によけていたので、何とか大泣きせずに済みました。

子孫

つまるところ、

元気なうちに株分けしておく!!!

これが最強のリスクヘッジなんですね。

多肉を「守る」というよりは、お気に入りの子を「絶やさない」に近いかもしれません。

またお店を探せば同じ品種に出逢えるかもしれないけど、出会って購入した子は唯一無二だから……!!!!!!

葉ざしでも株分けでもいいから、いっぱい増やしておくのがいいと思いました。

今は秋。

いい季節なので、私も元気そうな子から葉っぱをもぎもぎして葉ざしで増やしていく予定です!!

がんばって強くして冬越えがんばります!(震え声)