愛しの多肉植物をマクロレンズで撮る

実は、多肉植物が好きです。

以前はお化けみたいに大きな多肉植物を見て不気味に思っていたのですが、小さく育てるとそれはそれはかわいいんです!! この子たちのおかげで、庭を買うという人生の目標ができました(笑)

春と秋が一番きれいな時期です。

冬の今は、紅葉が美しい!

そう、多肉植物も紅葉するんです。この時期は写真に収めるのが本当に楽しいです。

我が家の多肉たち

雨上がりでつやつやしているところを、一部撮影してみました。

カメラは「FUJIFILM X-T1」、レンズはもちろん「XF60mmF2.4 R Macro」です。

GRだと、画角が広いため、余計なものが写り込んでしまうんですよね。解像度の高さも合わさって、手持ちの中では「XF60mmF2.4 R Macro」が多肉植物撮りのエースとなりました……!!

1602-9

プロリフェラ!買ってきた当時は3つくらいだったのが、今では横から増えてこんな感じに。寒くてほんのりピンクになってます。

1602-10

火祭り!多肉植物を始めて3年ほど。初めてきれいに紅葉してくれたので嬉しい。

1602-11

魅惑の月。ネーミングが素敵ですよね。中央左から、花のつぼみが伸びている気配。

1602-12

私のアイドルラウリンゼ!買った当時は1つだったのですが、双子のように分裂?して今の姿になりました。株を、分けるべきか分けざるべきか……。

1602-13

リトルビューティー。紅葉が美しくて大好きです。我が家の環境と合うのか、もりもり殖えていきます。

1602-14

魅惑の宵。今や一番の美人となりました。右から芽が出ているのがとても嬉しい……!

多肉植物オススメ書籍

一時期流行った(?)らしく、いろいろな本が売っています。

書店でぱらぱら見て、寄せ植えや飾り方のテイストを確認した方がいいと思います。

立ち読みせずに購入して、「違うそうじゃないんだーーー!」って失敗したものも。

中でも、私が一番参考にしている本はこちら。

未だに初心者から脱しきれない私が、ずーっと参考にしている本です。12ヶ月別に、何に気をつけたらいいかが書かれています。基本中の基本の書として愛用。

気温や降雨量は地域柄があると思いますので、そこは上手に取り入れてみてください。

次はこちら!

個人的に、寄せ植えの色合いやセンスが参考になる本です。

多肉植物も、並べてみると微妙に色が違います。成長の仕方が違うのも相まって、頭を抱えるんですよね。

この本の寄せ植えは、シックな色合いもあり、春めいた萌黄色の寄せ植えもあり。

見たことのない多肉植物も多く使用されているので、新たな多肉に思いを馳せるもよし、色合いと形を参考に、別の多肉で寄せ植えするもよし、です!!

ひとりでも多くの人が多肉沼に落ちますように!