余ったお寿司でチャーハン作り

シェアする

年末年始、親戚が集まるとお寿司なんかを食べますよね。

多めに注文するものだから、余ってしまったり。

今回は、こちらのお寿司が余ってしまいました。

分けてもらった余りもののお寿司

左下はともかく、他のは……なんだろう、昆布巻き?(正式名称がわからず)

いつもはそのまま焼いて少しずついただくのですが、それも芸がないので、チャーハン(!)を作ってみることに。

おいしくなあれ!

余ったお寿司でチャーハン作り

フライパンに薄く油をしいて、どばどばとお寿司を投入します。

お米と昆布をほぐしながら、あらかじめ切っておいた長ネギを投入!

長ネギ大好きです。

他に全く具材が思い浮かばず、油を切ったシーチキンを投入。

まあ、ハズレではないはず……。

塩と酒と醤油を少しずつ加えて、まぜていきます。

最後に小口ネギを投入して、完成!!

チャーハン完成!

お味は……

炒めたからか、酢飯の酸味が思ったより飛んでいて、いい塩梅になっていました!

昆布って普段家にないから、なんだか新鮮な味でおいしかったです。

チャーハンの汎用性の高さに驚き。

料理の色合いに困ったら、おまじないのように小口ネギを振るので、私の料理には大体ネギが入っています(!)

ごちそうさまでした。

シェアする

フォローする