【PR】ミニ原画展in真夏のDF、たくさんお買い上げいただきありがとうございました!残りの作品は8/10より通販になります!
“【展示・販売告知】8/4(土)5(日)に東京ビッグサイトにて開催される #デザフェス ( @designfesta )にて、委託参加いたします。

○ #pico展 ミニ原画展in真夏のDF
○A159・160

私の作品は新旧合わせて12点、8/4の出展です。
計66名の作品が並ぶとのことです。ぜひお手にとっていた…

RICOH GRでやさしい青色の撮影

最近、青や黄に寄せてRAW現像するのが好きです。

RICOH GRはかっちりした写実的な描写が得意で、やさしい色合いを出すのは難しいと考えていたのですが、そんなことはない気もしてきました。

ホットケーキ撮影で光の向きを考える

たまたま撮影したホットケーキ。RAW現像時に気付いたのですが、同じ場所で撮ったのに全く雰囲気が違うんです。

1603-13

1枚目。正面から撮影。

1603-12

2枚目。真上から撮影。

2枚目の方がフラットというか、やさしい雰囲気じゃないですか?

これ、光がやさしいというより、「影がやわらかい(?)」ことに気付きました。

どちらも写真上部(ホットケーキのほぼ真後ろ)に窓があって、撮影する私の位置が違うのですが……。ここまで変わるんだなあ、という感じです。フォークがないからコントラストが強調されなかったのかも?

最近はポートレートに興味があるので、ライトやらレフ板やら調べているところ。実際に撮るかはさておき……。


GRはこんなカメラです。

シェアする

フォローする