オールドレンズの沼でもがく【入り口編】

オールドレンズに興味津々です。

きっかけはこの本。

X-T1購入の折にセットで付いており、後半の章でオールドレンズについて取り上げられていました。

この頃はまだ「マウント?」「アダプター??」「レンズ資産???」のレベルでしたので、ただ漠然ときれいだなーと作例を眺めていました。(もちろん、X-T1の撮影方法についても勉強しましたよ!)
そのとき、「ライカLマウント」に興味を持ちました。

「Lマウント」です。(盛大なフラグ)

すでに持たれてる方ならわかると思いますが、作例のポートレートが、ひたすら美しかったんです! 淡くグレーがかっていて、光に包まれているような、でもしっかり芯が残っているような……。

このレンズで風景を撮ったらどう写るんだろう?

こんな写真を撮ってみたい……!!

かといってすぐにネット購入へ走るほど熱意あるわけでもなく、半年ほどはフィルムカメラと遊んでいました。

「絶対に落ちない!!」と決めていたレンズ沼に私を叩き落とした本

こちらです。この本はある意味本当にオススメで、作例を眺めてるだけで幸せになれる。

でも、そのレンズを使えたらもっと幸せになれるはず!!! と謎の確信をしていました。

そして私は、

なぜか「Mマウント」アダプターを購入していたのです……!!!

オールドレンズの沼でもがく【迷走編】へつづく)