オールドレンズで菜の花を撮影する【X-T1 × P.ANGENIEUX作例】

この日は風があって苦戦しました……。菜の花がぶれぶれに(笑)

中でも比較的まともなお気に入りの写真を、今日は大きめでアップしていきます。

1511-27

見た目はこんな感じです。

  • カメラは富士フィルムの「X-T1」
  • レンズは「P.ANGENIEUX RETROFOCUS TYPE R1 35mm/f2.5」
  • フィルムシュミレーションはクラシッククローム
  • すべて逆光

でお送りします!

1603-25

橋の上に車が通るのを狙って撮影。自転車とバスが上手く入ってくれました。

1603-26

1603-27

1603-28

今回はフレアやゴーストを狙って逆光で撮っています。上の写真も、中央にうっすら放射線上の虹が出ていますが、角度によってはがっつり光の帯が入るようです。

初めてのオールドレンズ所感

オールドレンズを購入して、半年が経ちました。

一番の変化は、自分の「目」でしょうか!(レンズ関係ない)

オールドレンズ特有の、味のある写真に慣れてきたせいか、他のレンズだときれいに写りすぎているように感じるんです。違和感を覚える、という表現が近いかもしれません。他のレンズは、かっちりきっちり高解像度で写ってくれるので、それはそれで信頼ができるのですが。

趣味の撮影はオールドレンズ、きっちり残したい写真は現行レンズかな。人を撮るのは本当に勇気要る……。

あと、オールドレンズを使い始めてから、

「レンズ交換って楽しい!」って思うようになりました!!

「このレンズならこんな写真を作ってくれるかな?」なんて考えながらレンズを選ぶのが楽しいです。普通は現行レンズでその楽しさに気付くんでしょうね……(笑)

行き当たりばったりですが、今後もお付き合いいただければ嬉しいです。

そうそう。実は先日、別のオールドレンズをポチってしまいました。

こちらも届いたら作例をアップしていきます!