“お気に入りの水彩画やペン画たち。ミニ原画通販してます!
【Booth】

粉おしろいの威力を知る季節がきた【ミラノコレクション紹介】

社会人なりたての頃、化粧の研修に参加する機会がありました。

確かそのとき

「粉おしろいは必須! 夏も冬も必要だよ!」

って言われて「なんで???」と思ったことをよく覚えています。

実際、お高めの粉おしろいを付けさせてもらったけれど、「何が変わった??」って感じだったんです。

そんなものにお金をかけるなら本買うわ!

っていうのが正直なところでした。

そして月日は流れた

あれから○年後の現在。

  • 「粉おしろい必須!!」
  • 「化粧の仕上げにないと不安!!」
  • 「(粉おしろい)家に忘れてきたー! 今日の化粧終了のお知らせ……」

と、見事に粉おしろい信者と化していたのでした。

これは年齢の問題なのかも……

1605-6

こちらは持ち歩き用。妙に神々しい、ミラノコレクション2015

粉おしろいのいいところはこんな感じです。

  • 化粧の仕上げに使うと、顔色がよく見える。
  • 化粧の崩れ方が全然違う。粉おしろいを忘れると、ファンデーションがでろでろになってる。
  • 化粧直しが断然楽になる。乾燥肌なので、ちょっと油分が浮いたところをティッシュで押さえて、はたきなおして終わり!

おたじょびのけーこさんに教えてもらって、ミラノコレクションという粉おしろいを愛用しています。

1年に1個の限定生産だそうで、かれこれもう何年お世話になったか……。

(最新のミラコレへのリンクは一番下に貼ってます。こちらは記事執筆当時のまま)

かの有名な@cosmeでも殿堂入りしているみたいなので、ご存知の方も多いかもしれませんね!

年ごとに厚みが変わるミラノコレクション

上で紹介したのは2015年版です。

こちらはコンパクトサイズで薄いのですが、2016年版はこの2倍ほどの厚みです!!

1605-7

左が2015年版、右が2016年版です。

どうやら厚みは交互に違うみたいで、

2014年(厚型)→2015年(薄型)→2016年(厚型)……と続くようです。

リフィルは同じ24g。

何が違うかというと、パフの厚みが違う!!

薄型のミラコレはコンパクトと一緒でパフもぺらぺら(笑)ですが、厚型のミラコレはかさばる分、中にあるパフがふっかふかで気持ちいいんです!

個人的には、持ち運びを考えて「薄型のミラコレ+厚いパフ」が最強の組み合わせなのですが……! うまくいきませんね^^;

ということで、私は

  • 家用に厚型ミラコレ
  • 持ち運び用に薄型ミラコレ

で使い分けています。そこまで化粧ができないので、1年に1個買うのでちょうどいい感じ。

1万円近くするけど、1ヶ月換算で1000円に満たないのでコスパもちょうどいいかな? と思ってます。

化粧直しに奮闘する時期ですし、こんなアイテムもあるよ! ということで。

毎年変わるデザインがかわいいんですよね……。

シェアする

フォローする