【PR】ミニ原画展in真夏のDF、たくさんお買い上げいただきありがとうございました!残りの作品は8/10より通販になります!
“【展示・販売告知】8/4(土)5(日)に東京ビッグサイトにて開催される #デザフェス ( @designfesta )にて、委託参加いたします。

○ #pico展 ミニ原画展in真夏のDF
○A159・160

私の作品は新旧合わせて12点、8/4の出展です。
計66名の作品が並ぶとのことです。ぜひお手にとっていた…

RICOH GR3が欲しい話

ちょこちょこつぶやいてますが、GR3っていつ出るんでしょうか……。

ネット上でも2017年! 2017年中に!?

なんてささやかれていましたが、ついに出ないまま2018年になってしまいました……!

GR大好きだーーー!

って気持ちをこめて、今回はGR布教記事を書きたいと思います。

GRの好きなところ

  • 小さくて気軽に持ち出せる
  • 起動が早い
  • エフェクトが使いやすい(ポジフィルム調が最高です)
  • カメラ内RAW現像が楽しい
  • 片手で持ってもフィットする

個人的には、カメラの角がやわらかいカーブを描いているところも大好きです。

長らく手で持っていても手が痛くならないんですよ。

ポジフィルム調が最高

ブログ内で公開してなかったものをひっぱりだしてきました。

どれもポジフィルム調で、コントラスト上げ気味で撮ったものです。

後ボケの、ちょっとざらっとしたフィルムっぽい質感が好きです。

かっこよすぎるハイコントラストモード

いつか海外旅行に行けたら、このカメラで街スナップを撮りまくりたい。

レンズをあれこれ迷いながら、X-T1と一緒に美しい色を写真に収めるのも楽しいと思うけど、長時間持ち歩くことを考えたらGRシリーズに軍配が上がるんですよね……!

そういう意味ではX100Fがめちゃくちゃ気になるんですけどね……!!!!!

X100Fはシルバーの見た目がドツボです!

ぜひ店頭で舐めるように見てみてほしい……!(私も見たい)

GRのちょっとあれなところ

こればっかりは人によっては他にも色々とあると思いますが、

  • AFがたまに迷う
  • たまにピントが後ろに抜けている(悲しみ)

……くらいでしょうか?

この2点はきっとGR3でパワーアップしてると信じて待ってます!!

レンズがもっと明るくなったら、室内撮りも臆さずいけるのでメイン機として1台ですませるんですが……!

カメラ持ち歩き事情

現在は、

  • X-T1 & XF23mmF1.4 R(またはアンジェニュー)
  • GR(28mm)

この2つを一緒に持ち歩くことが多いです。

個人的に、これが今持てる無理のない重さギリギリかな……。

人を撮るときにピントが後ろに抜けていることがままあるので、旅行先のここぞという記念撮影にはX-T1を使っています。

ラフに撮るときは、GRのピント抜けも楽しく受け入れられます(笑)

――とあれこれ書きましたが、記事をちょこちょこ修正したり寝かせたりしている間に、新製品の噂が流れだしましたね。

フルサイズのGR……!?

もし今のサイズ感のままフルサイズが出たら、もう……これは……買うしかない……買うしかない。

シェアする

フォローする