久世福商店「和ジェラート」のオススメ

 

久世福商店食べるだし醤油がなくなったので買いにいったところ、店頭でジェラート販売をしていたので食べてみることにしました。

私は「苺と木苺」と「ミルク」。

1606-15

オレンジ色は、1スプーン分のお試し「温州みかんのシャーベット」。

同伴していたけーこさんは「きなこ黒糖」と「紫芋」を選びました。

1606-16

栗っぽく見えるけど、こちらも1スプーン分「温州みかんのシャーベット」付き。

「和ジェラート」なんだから、けーこさんみたく和っぽいものを選べばよかったかな。

なんて、買ってから思ってませんよ!

 

「ミルク」のあっさり感が……!?

一言で言うなら、

甘みが舌にも胸に残らない感じ! です。

「ミルク」系統って、実は個人的にちょっと慎重に選ぶ一品なんですよ。大好きなんですけど!!

小さい頃、「濃厚ミルク」系の大きなソフトクリームを、胸焼けして食べきれなかった記憶があって。大好きなのに食べられなかった、ってのが今でも引っかかってる。

だけど、これは違う。

「食べるだし醤油」と一緒に食べるお米のような主張のなさ!

名脇役!!

「木苺と苺」や「温州みかん」もジューシーで美味しかったけど、感動はすべて「ミルク」がかっさらって行きました。何カップでも食べてしまえそうで恐ろしい……。

 

「きなこ黒糖」と「ミルク」の組み合わせが最強

けーこさんにあげたりもらったりして2人で吟味したところ、即決で「きなこ黒糖」と「ミルク」を一緒に食べるのが一番幸せになれると結論が出ました。

ちなみに、「きなこ黒糖」はしっかり「きなこ」の味がします。「冷たいきなこもち!!」って感じ。

そこに控えめミルクを添えて……うわあまた食べたくなってきた。

 

今度は「八女抹茶」と「ミルク」の組み合わせでいただきたいです。