トイラボさんにフィルム現像出してみました

 

コミティア終わったので、更新再開です!!

突然ですが。

大手のカメラ屋さんのプリントは、自動補正されてフィルムのよさが生かされないらしい!?

ということを最近知ったので、トイラボさんに現像をお願いすることにしました。割と当たり前なんでしょうか。ショック。

Toylab(トイラボ)

使ってるフィルムとカメラと画像の大きさを選択してフィルムを郵送すると、現像+データ化してくださるというサービスです。(ざっくりした説明……)

画像の大きさは16BASEを選択しました。

定形外で送付して(ぶっちゃけるとこれが一番悩んだ)、待つこと2日ほど。一番容量の小さいデータは、自分のアカウントでログインするとダウンロードできるようになってるようです。

 

現像されたフィルムが返ってきました

1510-1

下のビニールに入って送られてきました。意外としっかりした感じで、ちょっとほっとしてる自分がいました(笑)

今回使用したフィルムは、Kodak PORTRA 400。

カメラは、ジャンクかごから発掘したPENTAX MZ-7!! 写るのか!?w

ドキドキしながら……データを開封!!

1510-2 1510-3 1510-4

 写ってる!!!

が……

意外と普通???

 

フィルムにすると、なんだかすごい写真が撮れるっていう期待が大きすぎた!?

写ってるんだけども……ジャンクかごから出会ったカメラでこれだけ写って、嬉しいんだけども……(2枚目の壁の写真なんて、パッと見デジカメ写真と思いました)

なんだろう、この感じ。ブローニーほどの感動はなかったのでした。なぜ???

まだフィルムはあるので、どんどん使い込んでいくぞ。トイラボさんには、これからお世話になります!!