【DQビルダーズ 感想2】自宅がブロックに見えてくるRPG

けーこさんとわいわい深夜までプレイしていました。ビルダーズ。

プレイ2日目にして「わらベッド2マス……私の家って狭いな」とか考えてしまうあたり、どっぷりビルダーズにはまってますね。

丹精込めて作った部屋も、依頼によってはぶち抜いたり壊したりする必要がありそう。まだそこまで手入れしてないので、余白ということでメルキドの左上をしばらく空けて進めることにしました。

購入&初日プレイの日記はこちら!(【DQビルダーズ 感想】私が錬金釜になるRPG

基本的に寄り道優先スタイルなので、

  • 寄った先で色々しでかす
  • 拠点に帰ってクエスト依頼を受ける
  • 「さっきの寄り道でやったような気が……」ミッションクリア!

というパターンが多いです。

さらっとネタバレしていると思います。ご注意くださいませ。

看板をお持ち帰り!

1601-25

白峰「あっ!?」

黒河「どうしたん?」

白峰「看板を壊し……いや、看板もいで、採取しちゃった……」

黒河「え!? ホントだ(笑)」

白峰「ちょっと戻してみる!」

1601-26

慌てて設置しなおすも、文字は消える仕様のようです。もしやこのゲーム、なんでも剥いで持って帰る仕様なのか……。

仕方ないので、拠点に設置することにしました。文字はもちろん、「メルキドのまち」。

この後、防具が壊れて裸になったり壁の中に引きこもってるおじさまを回収したりして、キメラの翼で帰還。日が落ちると、BGMも相まってホント怖いです……。ゴースト出るし。

1601-27

防具のない主人公とロロンドさん。

ビルダーは伝説の存在だとかゴーレムが町を守っていたとか語ってくれました。どうやら、お助けキャラのようです。

新しい住人の就寝事情

「夜の行動はオススメしないよ!」的なチュートリアルでしたが、睡眠時間はとらなくてもペナルティはないようです。拠点を整えていると、あっという間に日が落ちるのでよかった。

白峰「久しぶりにピリンと添い寝! ……ん?」

黒河「ロロンド寝てるwおまえのベッドはあっちだ!(別室)」

ロロンドさんが主人公のベッドで寝ていた。

新しい住人の就寝場所って、法則があるのかな? 仕方ないので、自分の部屋を作ることに。

1601-28

セーブポイントの横です!

ちょっといい仕事したな……と我ながらニヤニヤしていました。一人暮らしをはじめた大学生みたいだ。

旅のとびらを「作る」

初の防衛戦後、ロロンドさんが一言。

「旅のとびらを作って、新天地に出かけてみてはどうだ?」

旅のとびらを……作る!?

DQモンスターズではあんなに必死になって探したのに……

1601-29

作れてしまった。

ビルダーが伝説の存在なのも頷けますわ……。

例のごとく、好きな場所へ自分で設置する方式です。もちろん剥いで設置しなおすこともできます。すごい。

あ、ドラクエ知らない方のために言っておくと、旅のとびらというのは、どこでもドア床バージョンみたいなものです。

いざ新天地!

たどり着いた先は、青というよりは赤い砂礫の山でした。

石!

岩!!

早速鉄の装備シリーズ来るか!?

食糧難におののきながら、おおきづちから武器の作り方を習いに行くことに。空腹が怖いのは、SFCのトルネコの影響です。ももんじゃとかいっかくウサギとか、こう、肉が取れそうなモンスターが早く出てきてほしいものだ……。果物とキノコじゃ心もとないよ!

1601-30

おおきづちって何肉に近い感じなんだろう?(ごくり)

旅のとびら(青)で気付いたこと

  • 崖側から入る横穴、ぽつぽつあります。要探索。
  • 同じく横穴から、世界地図発見!

1601-31

  • おおきづちサブイベてんこ盛り。(壁のぼりたい・お墓作りたい・庭作りたいの3本立て)
  • 拠点のレベルで、ドロップ率が変わる?(あくまで私個人の感覚です)
  • ドラゴンは、現時点の装備で倒せないこともないけど時間がかかりすぎ(いしのつるぎ・かわのよろい)

1601-32

DQの、「ちょっと足伸ばしたらおもしろいもの見つけた!」って感覚が本当に大好きです。

冒険が楽しい。

どんどん進めたいけど、すぐに終わっちゃうのはもったいないな。

シェアする

フォローする