ビン詰めに憧れて、つくり置き

 

「料理が好きです」

というとよく勘違いされるのですが、私の場合は、

おいしいものが食べたい&外食が続くと体調を崩す=料理を好きにならざるをえない

という感じでした。(外食が続くと体調を崩す私が続けている食習慣3つ

肌荒れもしやすいので、食生活を整えるのは優先順位が高いです。

 

実践している「つくり置き」

この本に触発されました。

このシリーズ、すべての記事が実用的かといわれると「?」ですが、読み物として大好きなんです。忘れた頃に引っ張り出して読んでしまう。

私は、「きっちり計ってレシピ通りに作る」ということが少ないので、「そういえばあんなレシピあったな(うろおぼえ)」って活用するのがほとんどです。

私が実践していることといえば、

  • 材料を切ってタッパーに入れておく
  • 豚肉や鶏肉をたれにつけておく
  • ドレッシングを作っておく くらいでしょうか。

簡単なことではあるのですが、来る日も来る日も料理するのは大変なので、ちまちまと作業しています。休日にこれをするのが、また楽しいんですよね……。

最近、これ以外にぽつぽつと作っているのが、いわゆる「ビン詰め」です。

 

私を魅了するビン詰め

並んだビンの中に、色とりどりのジャムやフルーツが浮いている……という光景に、強い憧れがあります。

理由は、SFCのゼルダの伝説!(神々のトライフォースだったかな)

ビンの中に、捕まえた蜂とか、回復薬とかいれておけたじゃないですか? うろ覚えですが。

ビンの中に大事なものをしまう、っていうのがすごく好き。

1604-11

我が家唯一のビンで作ったたまねぎのオイル漬け。お酢も入っているので、ほんのり酸味もあります。

ちょっとお高いりんご酢(いただきもの)を入れたのですが、香りが全く違ってびっくりしました。シンプルなものこそ、いい調味料を使った方が幸せになれるみたい。

ビンもあと2つくらい欲しいし、野田琺瑯も使ってみたい。ビンはどこのがいいんだろう?

今は、手持ちの食器でやりくりする日々です。